投資は必ずではなく期待するもの

投資は必ずではなく期待するもの

投資をするからには利益を得たいと思うのは当然です。

ですが投資は確実に利益を得ると言うわけではありません。

そこにはリスクがあります。

そのために、確実に利益が出るというのではなく、利益が出ることを期待した方が良いかと思います。

最近にわかに話題になっているみんなで大家さんは不動産投資の一つです。

不動産の投資は不動産事業に資金を投げ入れて賃貸料や不動産の値上がりによる利益を期待する物です。

みんなで大家さんは一つの物件に多くの人が少しずつ投資して利益を得るという物で、投資する金額が割合少額から参加できます。

利益は投資額が少ない分、大きくないのは当然でしょう。

ですが、銀行預金でも0金利政策により金利がありませんので、預金するよりももうけがあるだろうと、にわかに話題を呼んでいると思われます。

利回りについても記載されていますが、現状では公言している通りに利益を出していても今後の経済の流れによっては不確実な面もありますので、これもまた期待するものとしておいた方が良さそうですね。

物件選びは大切ですよ

不動産の投資に成功したか否かは、物件選びで8割方が決まると言われています。

良い物件は賃貸する人も多く、出入りが多くても空き室が出ることはありません。

また出入りの数も多くないかと思います。

ですが、悪い物件になると最初は賃貸する人がいても、徐々に空き部屋が増えていきます。

すると、賃貸料が減り収入も減るので利益もなくなります。

どういった法則があるのかは不明ですが、確かに空き部屋の目立つマンションやアパートはありますよね。

人口は減っていく一方の日本です。

マンション建設ラッシュとも言える状況ですが、なぜか人気のある物件はあります。

みんなで大家さんも不動産投資の一つですが、運用期間が短いのも特徴です。

以前は人気の街だったのに今では街全体が閑散としているという状況も回避しやすいかと思います。

みんなで大家さんの仕組み

一生でマンション経営を行うのか、みんなで大家さんのように短い期間で行うのかでは違いがありますよね。

不動産投資に付加してくる管理も、みんなで大家さんは管理会社が管理しますので問題ないと思います。

どちらが得策なのでしょうね。